お金を借りる 即日融資キャッシング

急な出費ですぐにお金が必要なとき、あなたはどうやってお金の都合をつけますか?
友達に借りたり家族に借りるのは手っ取り早くて簡単ですが、言いにくかったり信用問題になったりするので出来るだけ知人や家族からお金を借りるのは避けたいという人も多いですよね。
すぐに返済できるから、今だけ少しお金を借りたい次の給料日までの間だけ借りたい、などすぐに必要なお金を工面するために、友人や家族以外からお金を借りる方法があります。それが、即日融資のキャッシングです。

 

キャッシングはカードローンともいわれ、カードを利用して決まった金額以内で使用目的自由にお金を借りることができます。
友人や家族に借りずに済むのと、簡単に借りることができるので非常に便利で愛用者も多いです。
いざというときに役に立ちますし、やはり他の人に迷惑をかけることなくお金を借りることができるのは非常にありがたいですよね。
ただし、キャッシングやカードローンでお金を借りると利息を支払う必要があります。
利息は1日ごとに計算され、借りた金額を返済するときに、借りた金額+利息を合わせた金額を返済することになります。
このようにしてお金を借りることができるので、困った時に好きなようにお金を借りることができ、返済をすればまた借りることができるので非常に便利です。

 

最近では、お金を借りたいと思った日にすぐに借りることができる即日融資もあるので、急にお金が必要になった時は知り合いに借りるよりも便利でスピーディです。
キャッシングには消費者金融と銀行、信販会社などがありますが、その日のうちに確実にお金を借りるための審査を受けることができるのは消費者金融。銀行や信販会社も即日融資可能なところもありますが、圧倒的に消費者金融の方が即日融資ができる可能性が高いです。

 

今すぐお金が必要な方のために、即日融資が可能な消費者金融をご紹介いたします。

 

アコム

貸付利率(実質年率) 自動審査受付時間 メリット
3.0%〜18.0% 8:00〜22:00/年中無休(年末年始は除く) パート、アルバイトでも融資が可能!

無利息といえばアコム
「最大30日間金利0(ゼロ)円サービス」
契約日の翌日から30日間無利息
☆無利息適用条件
以下の全てに合致する場合
・新規契約
・返済期日が「35日ごと」での契約
・ご契約日の翌日〜30日以内に利息発生の伴う利用がある場合
 ※契約の翌日から起算して30日目に利用する場合は、利息発生日が31日目になるので、対象外となります。

 

24時間、インターネットでの申し込みが可能で、3秒あれば融資が可能か診断することができます!安定した収入があれば、アルバイトやパート、派遣でも申し込み可能なので助かります。返済シュミレーションや利用状況の紹介もインターネットで簡単に行うことができます。
【特徴】
・3秒で審査結果表示
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・審査〜契約まで来店不要で手続き完了

 

プロミス

貸付利率(実質年率) 審査時間 メリット
4.5%〜17.8% 最短30分 30日間無利息サービス!

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)

24時間インターネット(PCやスマホ)からのお申し込み受付や契約・振り込みまでWeb完結も可能(※対象金融機関は200行以上あります。)! 店舗に行かれない方も気軽に利用することができます。

【特徴】
・審査から振込みまでWeb完結も可能!
・即日融資も可能(WEB契約の場合、当日振込(平日14時までにWEB契約完了が必要)みが可能)
・万が一の安心サポート

↓公式サイトはこちら↓

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

 

即日発行可能なキャッシング(カードローン)付きクレジットカードならこれ!

ほとんどのクレジットカードには、お金を借りるキャッシング機能が付いています。コンビニのATMなどですぐに借りれて、返済も柔軟にできます。クレジットカードの中には、即日発行が可能なものや、クレジットカードの発行で数千円分のポイントがつくものもあります!

 

アコムACマスターカード

カード受取可能時間 メリット
9:00〜21:00/年中無休(年末年始は除く) 最短、即日クレジットカード受け取りが可能。パート、アルバイトでもカード発行可能!

 

【特徴】
・最短、即日で(その日のうちに)クレジットカードを受け取りが可能。
・国際ブランドのMasterCardのクレジット機能が付いて、年会費無料
・インターネット上で、カード発行可能か3秒で診断でき、24時間申し込みできます。
・一定の収入があれば、アルバイトやパート、派遣・主婦の方でも申し込み可能です。
・利用明細の自宅郵送を無しにできる。家族等に利用を知られることもありません。(利用明細は店頭窓口、ATMで受取りやホームページ確認が選択できます)

 

 

楽天カード

カード受取可能時間 メリット
約1週間で郵送にて受取可能 年会費永年無料!

 

楽天カードはクレジット機能とキャッシングの両方使える万能カード!しかも約1週間でカードが届いてスピーディ!
インターネットでのお買い物をすることが多い方には特にお勧めです。
【特徴】
・楽天ポイントがどんどん貯まってお得!
・安定した収入があればアルバイトやパートでも融資可能
・今なら6.000円相当の楽天ポイントプレゼント

 

エポスカード

カード受取可能時間 メリット
マルイ受取りなら即日 入会時ポイント付与

 

マルイ店舗受取りで即日発行が可能!カード受取後、すぐにキャッシング・分割払いでの買い物ができます!年会費は永年無料で、7,000店舗のレストランやカフェ、ホテルなどで割引が受けられます!
今ならネット限定!新規入会&利用でエポスポイントプレゼント!マルイのショッピングですぐに利用できるので、Net申し込みをしてそのままマルイでお得にお買い物ができちゃうおトクなカードです!
【特徴】
・マルイ受取りなら即日発行可能
・全国7,000店舗で優待特典が受けられる
・今ならエポスポイントプレゼント

 

お金を借りるために重要な審査について

キャッシングの審査に通過しなければ、お金を借りることはできません。
どんなキャッシングでも審査は必ずあります。
審査を受けて通過して初めてお金を借りることができるようになります。

 

審査に通過するかどうかについては、借りたいキャッシングの公式サイトで自己診断をすることも可能。
できるだけ短時間かつスムーズに審査に通過することが、即日融資を可能にするかどうかのポイントです。
スムーズに審査に通過するためにも、公式サイトの自己診断でまずは本審査を受けることができるかどうか確認しましょう。

 

自己診断でチェックする内容
  • 年齢
  • 他社の借り入れ状況

例えばアコムの3秒自己診断の場合、年齢と性別、既婚か独身か、そして他社の借り入れ状況を入力するだけで借り入れの最低条件を満たしているかどうかを自己診断することができます。
色々な情報を入力した後、例えば年齢が満たなかったりした場合、時間の無駄になってしまいますよね。
余計な申し込みに時間を割かれると即日融資が難しくなってしまうかもしれませんので、まずは公式サイトの自己診断で本審査を受けることができるかどうか確認するようにしましょう。

 

即日融資の審査内容


即日融資でお金を借りるためには、少しでも早く審査に通る必要があります。
審査は、
仮審査(その1)→仮審査(その2)→本審査→在籍確認
このような流れで行われます。

 

私の中では、一番最初にメールや電話で申し込んだ際に口頭で聞かれる内容は仮審査1と考えています。
仮審査1で聞かれる内容は、ごくごく一般的な、

・年齢が20歳を超えているかどうか
・仕事をしているかどうか
・他社の借り入れがあるかどうか

この3つのポイントが仮審査1と考えています。

 

仮審査1の内容を審査してもらうために電話をかけたりメールの返答を待つのは本当に時間がもったいないです。
仮審査その1の内容は、公式サイトの自己診断で十分自分で審査可能ですので、時間短縮のためにもまずは自己診断で結果を見てみましょう。

次に仮審査2の内容は、他社の借り入れ金額について。
これは、現在の借り入れが年収の3分の1を超えているかどうか、という総量規制に引っかからないかどうかの判断をしている部分なので、メールや電話などで申し込んだ後にしばらく時間がかかる場合があります。
この審査も、例えば自分でしっかり確認しておけば無駄を省くことができる審査です。
年収以上の借り入れ、特に2社以上他社で借り入れがある場合は、本審査に通る可能性が非常に低いと考えてください。
この審査については、本審査でさらに細かく審査が行われる内容でもありますので、虚偽の申告をしないよう、すべてのカードローンやキャッシングなどの金額を確実に伝えるようにしましょう。

 

このように、本審査に行く手前の仮審査について自分で予測した上で申し込みをするようにしましょう。
微妙だなと思う場合は、申し込みをする前に先に現在の借り入れの状況などについて確認したりすることで、即日融資を確実なものにすることができます。
仕事をしているかどうかのところについては、特にアルバイトやパート、専業主婦でも即日融資が可能なカードローンもありますので、事前に調べるか自己診断で確認することで、無駄な時間を省くことができてその日のうちにお金を借りることができます!

 

まずは自己診断で自分の今の状況を把握しておくようにしましょう。

 

お金を借りるために必要なものは?


お金をすぐに借りるためには、審査にどれだけスピーディに通過できるかどうかがポイントになります。
最も時間がもったいないのは、審査に必要な書類の不備や書類忘れ。
審査には通っているのに書類が揃っていないために、翌営業日、ヘタすると週明けの月曜日などになってしまう場合があります。
せっかく色々と調べて審査に挑んだのに、書類のせいで即日融資ができなかったというのは本当に残念ですよね。

 

スピーディに審査を受けるためには、以下のような準備する必要があります。
必要ななのは身分証明書だけの場合が多いですが、運転免許証を持っていない方は多少面倒になるかもしれません。

 

・書類の準備
身分証明書(免許証・住民票など)
印鑑(スタンプ印でないもの)
・借りたい金額によっては収入証明
・在籍確認用の社員証や給与明細

身分証明書は、免許証の住所変更がされているかどうかに注意してください。
もし、住所変更をしていない場合は、公共料金の請求書などを準備しておく必要があります。
最も多い失敗は、引っ越し後に現住所を変更していない場合。
特に免許証は、自分で申請に行かないと自動的には変更されません。
住所変更をしていない場合は、住民票のコピーまたは公共料金の請求書など、現在の住所に確実に居住しているという証明が必要になりますので、下手をすると週明けの手続きになってしまう可能性があります。

 

事前に免許証などを確認して住所変更をしていない場合は、すぐに住所変更の手続きをするか、事前に住民票のコピーを取りに行っておくようにしましょう。
最近では、自動販売機のようなものでも住民票のコピーを取得できる場合があります。
平日でなくても、また夜間でも住民票のコピーを手に入れることができるところもあるようなので、確認してみましょう。

 

低金利で借りたい!消費者金融と銀行はどちらが金利が安い?

会社名 上限金利 下限金利
みずほ銀行カードローン 14.0% 4.0%
楽天銀行カードローン 14.5% 4.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 4.6%
プロミス 17.8% 4.5%
アイフル 18.0% 4.5%
アコム 18.0% 4.7%
JCBカード 18.0% 15.0%
三井住友VISAカード 18.0% 15.0%

これは、大手銀行と大手消費者金融の金利を一覧にして比較してみたものです。
こうしてみていただくと、消費者金融と銀行では4%近くの金利の差があるのがわかります。

 

しかし、下限金利は比較的銀行も消費者金融も差はありません。
下限金利とは、そのキャッシングの限度額いっぱいに借りた場合の金利。
つまり、大きな金額を借りる場合は、どこで借りてもさほど金利の差はないということですね。

 

最も金利の差がでるのは、100万円以下の場合だと思います。
キャッシングを利用する方の最も多い限度額もこの辺りだと思います。
そのため、やはり消費者金融は金利が高く設定されているところが多いですね。

 

その分、消費者金融は即日融資には特化しています。
急ぎの場合は消費者金融で借りるのがおすすめ。
パッと借りてパッと返済するなら、消費者金融が一番便利だと思います。

 

即日融資の金利は?金利で比較して選ぶ

即日融資でお金を借りる時に、いくつかの候補のキャッシングがあったら金利で比較して選ぶのが一般的です。
はじめてお金を借りる人にとって「金利」はややこしくてとっつきにくいイメージがあると思います。
特に急ぎで即日融資したい場合は、金利のことを勉強している暇はない!と慌ててしまいますよね。

 

急ぎのときのために、簡単に金利を比較できる方法をご紹介します。

 

金利を比較する際は「金利の上限」だけ見れば良い

金利は、「10%〜15%」のような幅をもたせた表記をしてあると思います。
2社の金利を比較する際は、右側の15%の方で比較すればOK。

 

【例】
A社 10%〜15% 融資限度額300万円
B社 8%〜17% 融資限度額300万円

 

例えばこのような2社があったら、A社の15%とB社の17%を比較して、より低い方を選択すると低金利で借りることができます。
これを上限金利といいます。
なぜ上限金利で比較するかというと、金利というのは、限度額いっぱいに借りた時に最も安い金利が適用されます。
A社もB者も、融資限度額は今回300万円となっています。
300万円を限度額として借りた場合、A社なら10%、B社なら8%の金利が適用されます。

 

はじめて借りる場合、ほとんどが限度額20万円〜50万円くらいの金額でしか借りることができません。
この金額の場合、そのキャッシングの中でも最高金利が適用されるため、A社は15%、B社は17%が設定されます。
となると、どちらが低金利かというとA社の方が低金利ということになりますね。

 

急ぎの場合で2社を比較する場合は、上限金利で比較するとより低金利のところで借りることが可能です。

 

少しでも低金利で借りたい!それなら無利息キャンペーン!

消費者金融というと、どうしても高金利なイメージですよね。
しかし、即日融資はやはり消費者金融が一番スピーディで確実。
銀行は非常に低金利ですが、即日融資には向いていません。

 

しかし、実は消費者金融は銀行よりも低金利で借りられる唯一のキャッシングでもあるんです!
それは、消費者金融のみのキャンペーン「無利息キャンペーン」
これは、一定の日数内に返済したら金利が0円になるというキャンペーンなんです。

 

キャッシングサービス

期間

回数

プロミス

最初の借入日の翌日から30日間

(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

初回のみ

アコム

契約日の翌日から30日間

初回のみ

新生銀行レイク

@契約日の翌日から30日間

A契約日の翌日から180日間

※@かAを選択できます。
金利が違います。

初回のみ

ジャパンネット銀行

最初の借入日から30日間

初回のみ

ノーローン

借入日の翌日から7日間

回数制限なし

 

ほとんどの消費者金融が無利息キャンペーンを行っていて、だいたいキャンペーンに指定されている期間は1ヶ月
1ヶ月の間に借りた金額については、金利がかかりません。

 

例えば急ぎで10万円借りた場合、1ヶ月以内に10万円を返済してしまえば、借りた金額10万円以外に返済する必要がありません。
無利息なので、友人や家族にお金を借りたのと同じことになるのでとってもおトクにキャッシングができます。
ただし、その後借りた金額については通常通りの消費者金融の金利がかかりますので、使いすぎには気をつけましょう!

 

即日融資でキャッシングするためのポイント

その日のうちに契約してお金を借りるなんて本当に可能なの?とはじめての方は誰もが不安だと思います。
実際に即日融資でキャッシングをしてみたのですが、18時頃に急にお金が必要になって、本当にその日のうちに10万円借りることができました。
実際に可能だったとはいえ、確実に即日融資でお金を借りるためにはいくつかのポイントをクリアする必要があると思います。

 

1社ずつ申し込む

急いでいても、まとめて数社申し込むということはやめておきましょう。
時間的に余裕があるなら2社、夜間になるなら1社に絞って申し込んだ方がいいと思います。
複数社申し込んでも、契約できる場合は複数社全て契約できますし、ダメな場合はほぼ全社ダメだと思います。
なので、あまり最初から複数社申し込みをするのはデメリットしかないと思います。

 

ネットから申し込みしておく

急いでいるとついつい店舗に走りがちですが、最初にスマホやパソコンのWEBサイトから申し込みをしておく方がはるかにスピーディです。
審査が終わってから店舗に行くのが最速ですので、まずは落ち着いて公式サイトから必要事項を申し込んでおきましょう。

 

借りる金額は10万円〜20万円程度にしておく

いきなり高額を希望すると審査に時間もかかりますし、なかなか審査がおりない場合もあります。
10万円〜20万円なら、収入証明も不要なので比較的スピーディに審査してもらうことができます。
限度額は後から変更できますので、最初は少ない金額で申し込みをしましょう。

 

この3つのポイントを抑えておけば、まずは審査を受けるまでの間の時間を短縮することができます。
審査にかかる時間はどのキャッシングでも同じですし、自分で操作することはできません。
それならば、できるだけスピーディに審査を受けることができるよう準備しておくのが正解です。

 

そして、できるだけお金を貸しやすい金額を設定しておくことが、キャッシングの審査に通過するポイントかもしれませんね。

 

即日融資のタイムリミットは?確実に即日融資するための時間

即日融資は、その日のうちに契約をしてお金を借りることができて非常に便利です。
消費者金融は夜間や土日祝でも契約を行っていますので、即日融資には消費者金融が人気なのですが、最近では銀行でも即日融資を行っているところがあります。

 

銀行と消費者金融とでは、確実に即日融資を実現するための時間が少し違います。
銀行の場合、夜間や土日祝でも契約が可能なところはまだまだ少なく、ほとんどが銀行の営業時間内。
そのため、確実に即日融資を実現するためのタイムリミットは14時までとなります。
この時間を過ぎると、翌日・翌営業日になってしまうことが多いでしょう。

 

消費者金融は銀行よりも遅い時間まで申し込みを行っていますが、そうはいっても24時間営業ではありません。
審査可能な最終時間が21時のところがほとんどなので、20時までがタイムリミットと思っておけば大丈夫だと思います。

 

消費者金融の即日融資リミット

 

審査時間

審査可能時間

アコム

約30分

手続きは22時まで

21時頃までに申し込み

アイフル

最短30分

手続きは21時まで

20時頃までに申し込み

プロミス

最短30分

手続きは21時まで

20時頃までに申し込み

レイク

最短40分

手続きは21時まで

20時頃までに申し込み

 

銀行は14時、消費者金融は20時頃までに公式ホームページなどから申し込みをしておきましょう。
申し込みをしておけば、審査の返答だけでも当日中に確認することができますので、万が一間に合わなくても翌営業日の朝には即日融資ができると思います。